堺ターミナル

ロケーション

下関市から6km、福岡市から70km、九州の北端に立地し、石油製品の九州、中国、四国向けの重要な中継基地となっています。入出荷用として、30,000DWT級の大型危険物桟橋とm1,300DWT級のコースタルタンカー用の桟橋を備えています。小型タンク7基で、およそ2万KLの貯蔵容量を確保しています。また出荷設備としては、ガソリン・灯油・軽油用ローリー積場4車線を保有しています。

ページの一番上へ

石油類貯蔵タンク


石油タンク
タンクの種類 許可容量(KL) 基数
第1 石油類タンク
第2 石油類タンク
5,000 1
4,080 1
2,390 3
2,335 1
1,250 1
合計 19,835 7


ページの一番上へ

桟橋


桟橋
桟橋 DWT 特記事項
入出荷桟橋 大桟橋 30,000 危険物桟橋
小桟橋 1,300 危険物桟橋


ページの一番上へ

ローリー積場


ローリー積場
ローリー積場 車線
ガソリン・灯油・軽油用積場 4
灯油・軽油用卸場 1


ページの一番上へ

アクセス

門司ターミナル 〒801-0884 福岡県北九州市門司区瀬戸町1番地  Tel.093-331-3200
JR「門司港」駅下車 和布刈(めかり)神社経由 車で約15分
福岡方面より:九州自動車道 門司I.C.より車で約15分
山口方面より:九州自動車道 門司港I.C.より車で約7分